消費税アップに伴う車購入の注意点

消費税アップに伴う車購入の注意点

いよいよというか、ついに今年4月1日に、消費税が5%から8%にアップします。また、計画では、来年10月1日よりさらに10%に上がることが計画されています。困ったら車一括査定すぐ相談してみましょう。
車両価格が200万円の車なら、6万円が新たに消費税として徴収されます。また、計画通り来年10月より10%に上がれば、合計20万円の消費税となります。
車は高価であるにもかかわらず、さらに消費税アップでは、弱り目に祟り目です。しかし、4月1日までに車を購入して登録すれば、消費税のうち3%分を負担する必要がありません。いわゆる駆け込みに間に合うかどうかということになります。
しかし、駆け込みが必要な車は、実は限られています。普通車の場合、消費税分3%が上がっても、同時に自動車取得税が5%から3%に下がることが決定しているので、実際に負担する税金は1%分ということになります。1%となれば、200万円であれば2万円です。車は常に新しく進化していますので、あわてて駆け込みで買わなくとも、ゆっくり買えば、2万円分の差額分の性能や装備を取り返すことは十分考えられます。何かわからないことがある場合は車を売るならで調べてみましょう。

 

一番影響の大きい車は、すでにエコカー減税の対象であるハイブリット車や電気自動車です。これらはすでに自動車取得税が免除になっている税制優遇措置を受けているので、純粋に消費税3%分が新たに負担ということになります。また、駆け込んでもすでに4月1日までの納車は無理な状況なので、ハイブリット車やEV車を求める方は、むしろ来年10月以降に購入するよりは負担が少ないと考えて、来年9月までの購入を目指すべきです。どうしたらいいかわからない場合は車処分 費用で検索してみましょう。